2016-02-22

NASにもOKなASUSの家庭用ルータ RT-AC1200HP を買った

RT-AC1200HP

6年くらい前のNECのエントリーモデルのルータ(11nには一応対応)を使っていたのですが、ちょっとパワー不足を感じていました。

 

個人的に買いだったポイントは

  1. 5Ghz帯の電波を使う11acに対応している
  2. USBがついている
  3. 安い

この3点です。

ネットが早くなった

近所がやたらWifiが飛び交っているようで、以前は電波が干渉してるんじゃないかということがしばしばありました。

このルータに変えてからネットが早くなったのは確かで、あと、電波の飛びも多少いいのかな、1Fに置いて2Fの端の部屋でも感度良く電波が入るようになりました。

以前のルータでは30Mbps 程度の通信速度だったのが、100Mbs出るようになりました。

NAS機能が便利

あと、WindowsのデスクトップPCと、MacBookProを併用してますが、データ共有がUSBメモリなどでやっていたのが面倒くさかったのがNAS機能で解決しました。

(NASとは、このルータにアクセスしてる機器同士で共有する、データ置き場のこと。)

このルータについているUSBにUSBメモリや、外付けHDDを挿せばOK。これでNASになります。

2FにおいているデスクトップPCも1Fで使っているMacbookproも、このNAS上のデータを見ることができます。

また、尚良いと思ったのが、USBメモリと、外付けHDDを挿したUSBハブをこのルータにさしたところ、ちゃんと認識しました。USBメモリをたくさんお持ちの方は嬉しいかもですね。

NAS機能がついたルータの値段はちょっと高めですが、これなら5,000円代。いいもの買いました〜

※追記

このUSBはUSB2.0のため、残念ながら実質の転送速度が60M/s 程度と遅いです。
SSDなど高速に読み書きできるドライブを設置しても、その転送速度の遅さがボトルネックになってしまいます。

まあ、安いルータなんで(^^;

次の記事: splashtop wired xdisplayでiPadをMacのサブディスプレイ(モニター)に。なかなか低遅延です

iPadをMacのサブディスプレイにする場合は、「SplashTop」等のソフトを使って、無線方式でMacの画面をiPadに送るのが以前からある方法。 [adsense] 最近では有線方式でMacとiPadを繋げてサブディスプレイ化するアプリDuet Displayが出てきました。 やはり優先方式だと無線方式と比べて画面の遅延、ラグが少ないようですね。 でもDuet Displayはちょっと高いなー(微々たるもんですが)と思ってたらSplashTopを作っている会社も、有線方式でiPadをサブディスプレイ化するアプリ「Splashtop Wired XDisplay 」をいつのまにか作っていて、お手頃なお値段なので試してみました。 結構つかえます。私はiPadに資料を移して、メインのディスプレイで作業するスタイルです。 ちなみに私の環境は、Mac...続きを読む

前の記事: freetelのpriori3 LTEを買ってみた。

テスト端末としてpriori3 LTEを購入。 [adsense] レビューしてみます、ちなみに普段使用しているメイン機はiPhone5Sです。 (買った途端、priori3Sが発表された哀愁) スペック OS:Android5.1 ディスプレイ:4.5inch/854×480(FWVGA IPS) CPU:MT6735M Quad Core1.0GHz 64bit メモリ:1GB ストレージ:8GB メイン:800万画素サブ:200万画素 第一印象 薄い〜。今時はこれくらい薄いのが基本なのかな^^ iPhone5Sより薄いです。 幅はiPhone5Sより少し大きい(7〜8mm?)男性なら握って持つのには苦労しません。 また、背面の外縁部が少し丸くなっていますので、持った感触はいいですね。iPhone4以降の...続きを読む

最近の投稿

ページ