2016-03-02

splashtop wired xdisplayでiPadをMacのサブディスプレイ(モニター)に。なかなか低遅延です

iPadをMacのサブディスプレイにする場合は、「SplashTop」等のソフトを使って、無線方式でMacの画面をiPadに送るのが以前からある方法。


最近では有線方式でMacとiPadを繋げてサブディスプレイ化するアプリDuet Displayが出てきました。

やはり優先方式だと無線方式と比べて画面の遅延、ラグが少ないようですね。

でもDuet Displayはちょっと高いなー(微々たるもんですが)と思ってたらSplashTopを作っている会社も、有線方式でiPadをサブディスプレイ化するアプリ「Splashtop Wired XDisplay 」をいつのまにか作っていて、お手頃なお値段なので試してみました。

結構つかえます。私はiPadに資料を移して、メインのディスプレイで作業するスタイルです。

ちなみに私の環境は、MacbookPro mid 2014  と初代iPad miniです。

※いまみたらDuet Display が¥1900 → ¥1200 になってた。

次の記事: Macの容量不足を解決。SDカードと内蔵SSDの合体技「Fusion Drive化」

私のMacBookPro(Mid 2014)はストレージ容量が128GBですが、仕事で使うために開発ツールなど様々インストールしていて、容量不足でした。 USBメモリやSDカードを取り付けてデータをそちらに保存すれば良いかもしれませんが、いまいち読み書き速度が遅いことや操作が面倒でした。 ところがSDカードなどや内蔵SSDを仮想的に一つのドライブとして取り扱うことができる「FusionDrive」を私のMacでも構築できるということだったので、早速試しました。 今回使用したのが、こちらの「JetDrive Lite 330」MacbookPro(mid 2014 )のSDカードに差し込んでも出っ張らないので、引っ掛けて壊したりする恐れもありません。 たぶんSDカードでなくとも、USBメモリでもできると思いますが、すでに2つあるUSBのうち1つをマウス用に使っ...続きを読む

前の記事: NASにもOKなASUSの家庭用ルータ RT-AC1200HP を買った

6年くらい前のNECのエントリーモデルのルータ(11nには一応対応)を使っていたのですが、ちょっとパワー不足を感じていました。   個人的に買いだったポイントは 5Ghz帯の電波を使う11acに対応している USBがついている 安い この3点です。 ネットが早くなった 近所がやたらWifiが飛び交っているようで、以前は電波が干渉してるんじゃないかということがしばしばありました。 このルータに変えてからネットが早くなったのは確かで、あと、電波の飛びも多少いいのかな、1Fに置いて2Fの端の部屋でも感度良く電波が入るようになりました。 以前のルータでは30Mbps 程度の通信速度だったのが、100Mbs出るようになりました。 NAS機能が便利 あと、WindowsのデスクトップPCと、MacBookProを併用してま...続きを読む

最近の投稿

ページ