Heist250 30万円を切る低価格なアメリカンなバイクが日本でも販売開始されてた

2011.11.10

ちょっとこの話題に乗り遅れた感がありますが、一応ご紹介。

バイク誌「オートバイ」ののWEB版「WEBオートバイ」にこんな記事がありました。
なんと29万8000円! 250アメリカンが新発売!

日本での発売開始は9月初旬にとのことでした。

いやーなんたって、29万8000円は魅力です。
中古のバイクだって、それなりのを買うなら予算は30万以上だしたいところ。

ちょっと話がそれますが、私はHondaのShadowというバイクに載っていて、ちょっと車体サイズが大きいんですね。
それで東京に住んでいた時は、駐車スペースを探すのにすごく苦労したんです。
でも、このHeist250だとアメリカンだけど比較的スリムなので、駐車スペース探しはいくらかマシでしょうね。

あと、乾燥重量も115Kgということで、スリムなスタイルとあいまって取り回しがラクそう。
アメリカンだから足をつくのもラクだし、発進停止が多い都会向きなんじゃないかなあと思ってます。(が、実際どうなんでしょう)

で、このバイク、リジットフレームっていうフレーム構造だそうなんですが、簡単にいうとリアサスペンションがないバイクだそうです。
あーそういえば、私のバイクはサスペンションがついている(あたりまえか)。
お尻が痛いんじゃないのーって思うかもしれませんが、シートにサスペンションが付いているみたいですね。
でもやっぱり、速度を出して走ってると突き上げがあるみたい。

個人的な体感としては、アメリカンで気持ちよく走れるのって、50~70kmくらいかなーって思います。
80kmくらいを超えると、こういう風防がないバイクだと風が辛くって。(あと寒い)

というわけで、お値段的にも、乗り方もかるーく楽しむバイクなようです。(カスタマイズは楽しそうですね!)

製造元オフィシャルHP Cleveland CycleWerks

次の記事: 使い捨て、エネループ、燃料タイプ(ハクキン、ZIPPO)。お得なカイロはどれか

12月初旬。私が住んでる秋田はもう冬って感じです。 でも真冬の寒さではないので、暖房つけっぱなしにすると、暑くてのぼせちゃうし、かと言って暖房つけないと冷えてくる。。暖房の調節が難しいですね。 ...続きを読む

前の記事: Battle Field3 アジア版(XBOX360)が届いた!日本語はどうか。

EAの人気ゲームシリーズBattle Fieldの最新作「Battle Field3」。私はいち早くプレイしてみたかったので、発売日が早いアジア版を予約してたんですが、今日届きました。 封を開け...続きを読む

,