スキャナ ScanSnap S1500で自炊する。 電子レンジでチン

2011.11.16

以前、FUJITSU製のかなりいいスキャナ「ScanSnap S1500」を買ったという、ブログを書きましたが、その続き。

ScanSnap S1500で本を読み込むには断裁機で、本を断裁してページを一枚ずつにしなければならないと思ってました。
ただ友人から「電子レンジでチンすれば、本がバラバラになるよ~」と教えてもらい、
早速やって見ました。
(実際に行う場合は自己責任のもと、行なって下さい。本ブログ管理者は責任を負いません)

文庫本のように、表紙とページが糊(ホットメルト)でくっついてるタイプでこの技が使えるみたいですね。
事前にググったら900W~1000Wで1分くらいが目安っぽかったです。
我が家の電子レンジは600Wなのですが、まずは1分でやってみました。

犠牲になるのはブックオフで買ってきたこれ。
book
「値千金の1分間」
よくあるマーフィー博士のまとめ本です。

さて、スイッチオンして30秒くらいたったころでしょうか。
電子レンジから、まるで今ブックオフにいるように思える匂いが漂い始めます。
そして、40秒くらいたつと、本から湯気が立っていました。

筆者はビビリなので、50秒でやめておきました。
で、見ると表紙とページの接着部分がニチャニチャしてるので、簡単に表紙とページ部分を分離する事ができました。
(火傷に気をつけてくださいね。)

一枚ずつパラパラにはなりません。
糊がついてますので、何ページかで一束になっています。

book2

あとは温まっているうちに、束になっているページを一枚ずつはがしていきます。
なれると、小説くらいのページ数で5~10分くらいで出来ると思います。

ページの断面はこんな感じ。

book3

筋がついてる感じですよね。一枚ずつにバラしたら、本のページをパラパラーっとめくるように馴らします。(この工程が必要かどうかはわからないけど、おまじない的に)

あとはScanSnapS1500で読み込んでみると。。。
おお!無事に読み込んでいる!

というわけで無事に自炊完了でした。

この実験をするにあたって、下記のリンク先を参考にしました。
Akiko’s Blogspot: iPad-自炊:電子レンジで本を分解する試み
解体 – 自炊技術 Wiki*

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

次の記事: Android搭載のヘッドマウントディスプレイ MOVERIO(モベリオ BT-100)が登場

変わり種の商品だったので、ちょっと食指が動きました。 EPSONからAndroidOS搭載のヘッドマウントディスプレイ MOVERIO(モベリオ BT-100)が2011/11/25発売されました。...続きを読む

前の記事: URoad-8000とPC内蔵WiMAX(AS1830Z)の通信速度比較

これまでは、下記の理由で、WiMAXを使うならモバイルルータ一択だと思ってました。 理由ていうのは、WiMAXって建物の中だと、WiMAX回線につながりにくくなることが多いんです。 ...続きを読む

,