Android搭載のヘッドマウントディスプレイ MOVERIO(モベリオ BT-100)が登場

2011.11.26

変わり種の商品だったので、ちょっと食指が動きました。

moverio

EPSONからAndroidOS搭載のヘッドマウントディスプレイ MOVERIOモベリオ BT-100)が2011/11/25発売されました。
http://www.epson.jp/products/moverio/

EPSONのHPによると

映像、音楽、Web。モベリオは、楽しむ環境を選ばない。映像や情報を、部屋の外で、移動先で、長距離移動の車内や機内で。どこにでも連れ出せて、目の前に浮かべて楽しめる世界初(注1)のスタンドアローン型(注2)シースルーモバイルビューアー、誕生。
(注1) 民生用両眼ヘッドマウントディスプレイにおいて。エプソン調べ(2011年11月25日発売)。
(注2) 他の機器と接続しなくてもコンテンツ視聴可能。

とのこと。
つまり一般的なヘッドマウントディスプレイとは違い、Android2.2を搭載することで、MOVERIO(モベリオ BT-100)単体でコンテンツを閲覧できるとのことです。

気になるお値段はEPSONダイレクトショップでは¥59,980-ですが、
Amazonだと¥51,722-で販売するようです。(2011/11/26 11:00現在)

スマホ、タブレットなどと違って、画面は触れないので、
操作はこのようなコントローラで行うようです。

moverio_c
moverio_c2

詳しい仕様は公式に書いていますが、3D映像やサラウンドに対応しているようです。

ここまで聞くと、おっと思われるかもしれません。
が、残念なのは、Androidマーケットには非対応です。microSDカードを使ってのインストールは可能とのこと。

私はこれで購入意欲が萎えました。以前、Androidマーケット対応してないCreative ZiiOというタブレットをなんとなく買っちゃって失敗したんですね。こんなに不便なものかと。

こういう端末ならWebの動画サービスを利用したいって思うのが人情。でも、それを提供するアプリの入手が難しいってことですもんね。

でも、この端末(HMDか)単体で、コンテンツ再生できるってのは、お手軽感あって、すっごく魅力的だし、自前で動画コンテンツを用意できる!っていう人ならありなのかな。
たとえば、バッテリー動作時間が6時間なので、出張のオトモとかにね。

ちなみに今、このMOVERIO(モベリオ BT-100)を体験できるイベントをやってるみたいですね。
イベントがお近くで開催される方は行ってみてはどうでしょうか。
http://www.epson.jp/products/dreamio/elp/event/

次の記事: WiMAXでオンラインゲームはできるか。Battle Field3の巻

高速通信にも関わらず、料金がリーズナブルで通信量の制限もないWiMAX。ADSL、光ファイバーに続いてご家庭のメイン回線となりえるWiMAXですが、ネットゲーム、オンラインゲームが可能かどうか気になる...続きを読む

前の記事: スキャナ ScanSnap S1500で自炊する。 電子レンジでチン

以前、FUJITSU製のかなりいいスキャナ「ScanSnap S1500」を買ったという、ブログを書きましたが、その続き。 自炊 スキャナ ScanSnap S1500 設定編 自炊 スキ...続きを読む