使い捨て、エネループ、燃料タイプ(ハクキン、ZIPPO)。お得なカイロはどれか

2011.12.06

12月初旬。私が住んでる秋田はもう冬って感じです。
でも真冬の寒さではないので、暖房つけっぱなしにすると、暑くてのぼせちゃうし、かと言って暖房つけないと冷えてくる。。暖房の調節が難しいですね。

あと、ずっと石油ストーブつかっていると、空気が汚れちゃいますし、エアコンは電気代がかかる。。ということで、暖房の補助にカイロを買うことにしました。

カイロって言ってもいろいろあるので、1.暖かさ 2.使いやすさ 3.コストの三点で検討しました。

対象は、使い捨てカイロ、エネループカイロ、ハクキンカイロやZIPPOハンディウォーマーです。
(一日12時間、3ヶ月使うという想定)

使い捨てカイロ

1.暖かさ
何度も使っているので、暖かさは充分、満足。富士山登山にも持って行きました。

2.使いやすさ
使いたいときに封を切るだけ。貼るタイプは温めたいところにピンポイントで貼れる便利さ。これって重要で貼る場所によって効果が違ってくるようです。※

3.コスト
Amazonを見たところ630円~くらいが相場のようです。
こちらの商品だと30コ入りなので、ひと月分632円、3ヶ月分買うとして1896円です。

 

エネループカイロ

1.暖かさ
Amazonのレビューを見ると、あまり熱を発さないというレビューを散見します。

「低温火傷対策なのか「熱い」という所まで温度が上がらない」
「携帯電話で長話して本体が熱くなってきたような感じ」

ちょっとパワー不足のようですね。

2.使いやすさ
使いたいときにON/OFFできるのは便利ですし、電池で駆動できる手軽さもありますね。
でも、電池の持ちは強モードで90~150分とちょっと心もとないです。

3.コスト
4,000円前後で購入できるようです。ただ、90~150分しか持たないのであれば、充電するランニングコストがそれなりに掛かりそうです。

 

燃料タイプ型(ハクキンカイロ、ZIPPOハンディーウォーマー)

1.暖かさ
Amazonレビューでは、「熱くなると持っていられない」という声もあったので、充分そうですね。

2.使いやすさ
燃料を注入後、使用時には、ライターなどであぶって点火するようです。
http://www.hakukin.co.jp/kairo/2-3.html
火が燃え続けるわけではなく、反応によって発熱する仕組みのとのこと。火であぶるのは反応が始まる温度まで加熱するのが目的。
ちょっと、使い始めるまでが面倒ですね。

ハクキンカイロは直接オイルを燃やすのではなく、気化したオイルがプラチナの触媒作用で酸化発熱する化学カイロです。(ハクキンカイロHPより)

どちらも燃料になるZIPPOオイルやベンジンを12CCで12時間、25CC注入すると24時間利用できるようです。

3.コスト

ZIPPOのハンディーウォーマーで2,500~3,000円程度、老舗ハクキンカイロも同等で手に入るようです。

燃料についてはあとに書きますが、ハクキンカイロもZIPPOオイルを使えるようです。
例えば、,1000円で355ml入っているオイルを買って、1日12時間使うとしたら、
355/12=29.583・・・・・なので、およそひと月分。3ヶ月分なら3,000円かかりますね。
実際には、ホームセンターとかで購入すればもっと安いようです。

まとめ

で、ここまでそれぞれのメリット、デメリットを検討しましたが、コストや使いやすさ、手軽さを考えると、使い捨てタイプに軍配が上がる気がします。

でも、それだとつまらないので、燃料タイプのカイロを買うことにしました
あと、私はケチで貧乏性なので使い捨てだと勿体無くて、そもそも使うことに躊躇しちゃうんですよね。。

ということで、ハクキンカイロにするのか、ZIPPOハンディーウォーマーにするのかっていう選択なんですが、今回はハクキンカイロにしたいと思います。(アウトドアメーカーのコールマンのもありましたが、評価が低いので選定外にしました)

商品の蓋をしめるとしっくりいきません。火口の金具が大きいからです。カバーはよれよれになってしまう。
物作りに関しては、やはり日本製にはかないません。なぜかとハクキンカイロのピーコックを購入して気づきました。(ZIPPOハンディーウォーマーのレビューより)

男性ならなんとなくZIPPOに手が伸びそうですけどね。やはり信頼のメイドインジャパン
で行こうと思います。

ところで、前述でどちらもZIPPOオイルが使用できるようだと書きましたが、それについては下記をご参照いただければと思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214293602
http://www.geocities.jp/hakukinwarmer/katsuyou.html

というわけで、今回はカイロ選びについて書きましたが、カイロで暖める部位にも工夫すると、より効率が良いようですね!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114424026

では!

次の記事: 【節約】ハクキンカイロ、これはいいぞ!

前回のエントリーでこの冬を暖かく過ごすべくカイロの比較をしました。 結論としては使い捨てが一番コスパに優れるという結論でしたが、それだと面白く無いということでハクキンカイロを購入しました。 ...続きを読む

前の記事: Heist250 30万円を切る低価格なアメリカンなバイクが日本でも販売開始されてた

ちょっとこの話題に乗り遅れた感がありますが、一応ご紹介。 バイク誌「オートバイ」ののWEB版「WEBオートバイ」にこんな記事がありました。 なんと29万8000円! 250アメリカンが新発売!...続きを読む

,