クラウドと連携できるコクヨのCamiAppを試してみた

2012.03.02

先日、買い物に行ったらちょっと気になるノートを発見しました。

Camiappパッケージ。

いつものコクヨっぽいデザインのパッケージ。

コクヨの「CamiApp」と言うこのノート。クラウドとのデータ連係を売りにしてるようです。現時点ではEvernoteとDropboxに対応しています。

この時代に今更手書きってそもそもどうなの?直接データ入力すればいいんじゃない?と思われるヒトもいらっしゃるかも知れませんが…なかなか難しいんですよ。
特にビジネスユースだと。
ノートPCやタブレットならまだしも、スマホだと「携帯イジってる」って見られる事は少なくないんですよね。
やっぱりクライアントさんの好感度ってのは大事ですよー。

CamiAppの説明が書いてあります。

マニュアルがあるので使い方も安心。

開封してみると、中は普通の方眼のノートです。先頭のページに使用方法なんかが書いてます。
左上をマークシート方式にチェックボックスを塗りつぶすと、あらかじめ設定した7種類の動作に振り分ける事ができるようですね。

試しにちょっと書いて撮ってみました。

メモ撮影テスト。

これだけ斜めでも補正してくれるからステキ。

専用アプリで撮ると、かなり斜めでも補正がかかる上に、余白をきっちり裁ち落としてくれるんですね。
直接取り込みよりワンクッション入るものの、この補正能力は優秀だと思います。

うーん、こういうノートがあれば「手書きメモを手書きのままで終わらせない」って習慣がついて、
色々失念する事は減りそうです。これ、かなりいいかも?

次の記事: 家庭用据え置きWiMAX端末 URoad-Homeレビュー

またまたWiMAX端末の記事です。過去の端末の記事はこちら URoad-8000 URoad-7000SS WiMAX内蔵PC(AS1830Z) 自宅でのメインのインターネット回線をWiMAX...続きを読む

前の記事: WiMAXでオンラインゲームはできるか。Battle Field3の巻

高速通信にも関わらず、料金がリーズナブルで通信量の制限もないWiMAX。ADSL、光ファイバーに続いてご家庭のメイン回線となりえるWiMAXですが、ネットゲーム、オンラインゲームが可能かどうか気になる...続きを読む

,,