家庭用据え置きWiMAX端末 URoad-Homeレビュー

2012.03.17

またまたWiMAX端末の記事です。過去の端末の記事はこちら
URoad-8000 URoad-7000SS WiMAX内蔵PC(AS1830Z)

自宅でのメインのインターネット回線をWiMAXにしていましたが、自宅外でもWiMAXを使うことがありそうなのでURoad-Homeを購入しました。

URoad-Home
写真のように手のひらよりちょっと大きいくらい。場所はとりません。

uroad-home 下から

この凹んだところにクレードルのような部品を挿すと、写真の箱の絵ように立たせることができます。
で、このクレードルのような部品は壁にネジでとめられるようになってるので、電波の入り具合のいいところに設置しやすくなっています。
これ結構重要。

uroad-home 背面2
LANケーブルは2つ差せます。筆者は今までXbox360をネットに繋げるのに、Xbox360←→イーサネットコンバータ←→モバイルルータというつなげ方をしていたので、イーサネットコンバータを省けてスッキリしました。

というわけで、恒例の他機種との比較ですが、今回はUroad-8000との比較です。

と、その前に、「自宅外でWiMAX使いたいならUroad-8000(モバイルルータ)を持っていけばいいじゃん」と思われるかもしれませんが、その自宅外っていうところがWiMAXの電波が入りにくいところでして、通信速度を測ってみても下りが5Mbps~6Mbps程度と、ちょっと寂しい感じでした。

ならば、電波のつかみの良い「WiMAXハイパワー」対応のUroad-Homeならば!と思い購入に至ったわけです。

さて、計測比較です。各5回ずつ計測してみました。
先ずはUroad-8000の計測から(自宅でやってみました)

Uroad-8000

こんな感じでカーペットに置いて計測。WiMAXの電波感度がよくないのでオレンジ色マークが表示。

計測結果はこちら(計測したサイトは価格コムのスピードチェッック)

URoad-8000
下り速度10.2Mbps上り速度1.0Mbps
下り速度13.8Mbps上り速度1.0Mbps
下り速度16.9Mbps上り速度1.3Mbps
下り速度17.5Mbps上り速度0.8Mbps
下り速度15.4Mbps上り速度1.1Mbps

結構、早いです。うちの自宅は結構電波の入りがいいんです。

次はUroad-Homeのターン。

Uroad-home

先程、Uroad-8000を置いていた場所に置いてます。電波良好を示すグリーンのマークが。

Uroad-Home
下り速度24.1Mbps上り速度1.1Mbps
下り速度20.3Mbps上り速度1.0Mbps
下り速度19.0Mbps上り速度0.8Mbps
下り速度6.9Mbps上り速度1.1Mbps
下り速度26.2Mbps上り速度0.9Mbps

おお!一回遅い時があるものの確実に早くなっている!これは!

嬉しくなったので、もうちょっとテストしてみました。

なんと!今までで最高記録の下り28.8Mbps達成!こんなの初めて(//▽//)

一応、Pingも測ってみました。これは差がでないんですが。

———–   Uroad-8000 ——————————————–

www.g.yahoo.co.jp [124.83.147.212]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
124.83.147.212 からの応答: バイト数 =32 時間 =113ms TTL=49
124.83.147.212 からの応答: バイト数 =32 時間 =113ms TTL=49
124.83.147.212 からの応答: バイト数 =32 時間 =110ms TTL=49
124.83.147.212 からの応答: バイト数 =32 時間 =110ms TTL=49

124.83.147.212 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 110ms、最大 = 113ms、平均 = 111ms

———–   Uroad-Home ——————————————–

www.g.yahoo.co.jp [203.216.243.240]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
203.216.243.240 からの応答: バイト数 =32 時間 =115ms TTL=51
203.216.243.240 からの応答: バイト数 =32 時間 =103ms TTL=51
203.216.243.240 からの応答: バイト数 =32 時間 =101ms TTL=51
203.216.243.240 からの応答: バイト数 =32 時間 =102ms TTL=51

203.216.243.240 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 101ms、最大 = 115ms、平均 = 105ms

 

という訳で、電波のつかみが良くなったようです。くだんの電波の入りが悪い場所でも測ってみましたが、そちらでも通信速度に改善できました。
それに、このURoad-HomeはWifiの電波の飛びもいいみたいですね。

私はWiMAXを導入するなら、モバイルルータが一番おすすめだったのですが、Wifi電波の飛びを加味して、家のあちこちで家族も使うことを考えると、購入する端末一台目は固定端末もありかもしれません。

あと、この端末を買うにあたって、どのプロバイダと契約するのがオトクなのって思うかもしれませんが、それはまた今度、近日に。

次の記事: WiMAX お得なプロバイダはどこか比較してみた 2012/4月版

以前WiMAXのキャンペーン比較をしましたが、最新のものを。 はじめに WiMAXはUQが提供する、高速無線通信サービスです。 他社の高速無線インターネット通信と比べて「通信量の制限がな...続きを読む

前の記事: クラウドと連携できるコクヨのCamiAppを試してみた

先日、買い物に行ったらちょっと気になるノートを発見しました。 [caption id="attachment_1661" align="alignnone" width="300" captio...続きを読む

,,