ぷららLTE無制限SIM L-09CとAterm MR03LNで速度計測してみた

2014.11.08

掲題の通りです。

L-09Cというモバイルルータは、ドコモがXiを開始して、早期に発売したLG製のルータです。
MR03LNというモバイルルータはNECのSIMフリールータです。

私はこれまでぷららのLTE 無制限プランをL-09Cで利用してきました。

そして、友人が同様にぷららのLTE無制限SIMを契約してMR03LNを購入したので「同じ回線で異なる端末」で速度を計測するとどうなるか、協力してもらいました。

両端末の大きな違いは、つかめる周波数が違うということです。

一口にLTEといっても周波数帯が複数存在します。

ドコモが使用する周波数は2GHz、1.7GHz、1.5GHz、800MHzのクアッドバンド。
従来ドコモのネットワークでは、2GHz、800MHzを使って「広さ」を、1.5GHzを使って「速さ」を提供してきました。
2013年9月からは、この3つの周波数に、1.7GHzを新たに加えた4つの周波数で運用する「クアッドバンドLTE」を開始しました。

https://www.nttdocomo.co.jp/xi/scene/

 

L-09Cが利用できるのはこのうち2GHz帯です。MR03LNはすべての帯域を利用できるのでクワッドバンドと言われます。

1本道か4本の広い道どちらがスムーズに流れるかイメージするとわかりやすいと思います。

調査

11/7の20時過ぎに調査しました。

まずは、私が行った計測結果です。

利用端末:iphone5 & L-09C

L09C-1 L09C-2 L09C-3

 

友人が行った計測結果です。

利用端末:iphone5S & MR03LN

MR03LN-1 MR03LN-2

 

L-09Cだと最高でも0.76Mbpsですが、MR03LNだと最低で0.8Mbps程度で、平均してL-09Cよりも3~400kbps程度速いようにみえます。
概ねL-09Cよりも速度を上回っているようです。

一応今回はこんな感じでしたが、なにか間違いがあるかもしれないので、答えを急がず、もうちょっと違うテストをしてみたいですね。

次の記事: speedifyで日本のhuluは見れないようだ

  speedifyってのは、複数のインターネット回線をまとめて高速化してネット通信するサービスなんです。 ドラゴンボールでいう、元気玉みたいな感じですよね。 &n...続きを読む

前の記事: 今日のぷらら 無制限LTE 2014.10.22 夜

...続きを読む

,,,