OCN 70MB/dayとぷららの無制限SIMをspeedifyでまとめてみたこと

2014.11.26

家でパソコンなりタブレットなり使ってて、ネットが遅いなあ・・と思ったことありませんか?

家のネットがADSLだったりするとスピードに不満だったりしますよね。

かたや、最近ではみんなスマホを持ってますが、スマホでもインターネットできると思います。

そこで、遅いADSLとスマホのネット回線、両方で通信できれば速くなるんじゃないか?
と、思いません?

 

 

それを可能にしたサービスが「speedify」

http://speedify.com/

車にエンジン1個じゃなくて2個積めば速いんじゃね?みたいな発想ですね。

 

さて、試してみました。写真はとってません。

ネット回線その1

ぷらら無制限SIM をモバイルルーター(L-09C)で

このモバイルルータは使い勝手が悪いのでおすすめしません

ネット回線その2

OCN 70MB/1day をUSBデータカード(L-02C)で

 

OCNのSIMカードはAmazonでの購入がオススメです。なんでかっていうと、初期費用が¥ 3,240がディスカウントされるから。

たとえば、2014/11/26現在でナノSIMだと¥1,409。
SIMカードの種類によって価格が違うのが不思議だけど・・・

ついでですがL-09C、L-02Cはともに標準SIM対応ですが、私はナノSIMを挿してます。

SIMカードアダプターを使って、SIMカードのサイズを調整してもいいですが、ナノSIMの金色の部分を、モバイルルータやUSBデータカードのSIMカード読み取り部分に挿しこんでやれば認識します。(向きは正しい向きにする必要があるかもしれない。たぶん)

なぜOCN70MB/1dayなのか

まず、ぷらら無制限SIMはメインの回線として使っています。
ずっと通信制限なしで使えるのは魅力ですよね。

ただ、昼から23:00ぐらいまでは遅いです。混んでいるときは300kbps程度に落ち込むので物足らない

そこで、ちょい足しとしてOCN70MB/1dayの出番になるわけです。

OCN70MB/1dayは、文字通り一日70MBまでは高速通信できるわけです。
それを超えると200kbpsになるとのことです。

もっとも重要なのが

3日で366MBの制限がないことです。

2014年10月1日より、月額基本料の金額をそのままに、以下のとおり通信容量を拡大します。
さらに、連続する3日間で366MB以上利用の場合の通信規制を撤廃します。

http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/attention/spec201410/

一部を除き、ほとんどのMVNOが提供してる最安の格安SIMは3日で300~400MB程度の制限を課しているんですよね。

たとえばですが、「月2GBまでは高速通信できるよ!それを超えると200kbpsに制限されるよ!

と言っておきながら「」の部分で「ただし3日で366MB以上通信すると制限します」と注意書きが書いてあるわけです。P2Pや大容量のファイルを長時間ダウンロードするとかへの対策だと思うんですけどね。

どれくらいの制限があるかはわかりませんが、OCN70MB/1dayの場合は高速通信後は200kbpsだし、「3日間で366MB以上利用の規制はしない」と言っているわけですね。

というわけで、200kbpsの微力ながら安心してだらだらと使えるわけです。

 

というわけで、speedifyを試しましたが、たしかに回線のおまとめはできてるようです。あたりまえですよね。

(すいません、速度測定の画像はありません。)

通信が多少サクサクしたかなと。

 

んで、一番期待してたのがhuluなんですよ。

夜、huluを見たいんですが、ぷららの通信回線が混雑するととても見れたもんじゃない。

そこでOCNの200kbpsをぷららの回線にちょい足ししたら、いくらかマシかなと思ってましたが、甘かったようです。

huluは、huluにアクセスする際にいわゆるプロクシ(プロキシ)のような接続方法をとっている場合、弾いてるようなんですね。

huluはたくさんコンテンツを配信してるのでズルできないようにする対策なんでしょうが。

くだんのspeedifyはパソコンがつながっている複数の通信回線が、それぞれクラウドに接続して、クラウドが目的の相手先に接続するっていう方式なので、まさにhuluが排除している方式に当てはまるわけです。

つまりspeedifyでは日本のhuluは見れない。あえなく轟沈。

speedifyは月々9ドルのサービスなので、即効解約しました。(幸い無料お試し期間だった)

OCNのSIMはスマホに入れて使うことにしました。いままで、ガラケー+スマホ(SIMなし)+モバイルルータと荷物が多かったですが、モバイルルータを持ち歩かなくていいぶん、荷物は減ったからいいかなと・・・

 

speedify自体は通信も安定するし良いと思いますが、上記のようにspeedifyを使うのに9ドルかかるのもあって、使いドコロが難しいです。

光ファイバーのような太い回線を引いてるならハナから不要だし、格安SIMも9ドル分グレードの高いプランを契約すれば、高速でより多くの通信ができるサービスを契約できるわけです。

スマホのテザリングがもっと一般的になればの話ですが、高画質の動画を見るときに何人かがテザリングの回線を提供して、それをspeedifyでまとめるとか、そういう使い方ができるのかなと。

そういう意味では個人より家族向けサービスかもしれませんね。

(WiMAXがWiMAX2+なんて余計な事をしなければこんな苦労はなかった)

では

次の記事: ぷらら無制限SIM 12/2 19時の計測。通信が改善されている

ぷらら無制限SIMは、夜になると混雑するのか通信速度が低下して安定した通信ができないという声を散見してましたが、ここ数日はなんだか安定しているような気がするんです。   [ads...続きを読む

前の記事: speedifyで日本のhuluは見れないようだ

  speedifyってのは、複数のインターネット回線をまとめて高速化してネット通信するサービスなんです。 ドラゴンボールでいう、元気玉みたいな感じですよね。 &n...続きを読む

,,