チャリンコでいく秋田⇒富士山の旅5〜8日目

2010.07.16

チャリンコでいく秋田⇒富士山の旅5〜8日目

朝4時頃、越後湯沢から三国街道へ。

ここがこの旅、最難関のはず。

膝痛もある上に山道を登り始めたら雨が降ってくる始末。。

2時間程自転車を押して歩くと、温泉があったので立ち寄りました。

街道の湯
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/yuzawakaidonoyu/yuzawakaidonoyu.htm

露天風呂の眺めがとてもよくて、気持ちよく楽しめました。
泉質は単純温泉です。

再度出発してしばらく歩くと、雨足が強くなってきました。

雨宿りできる所を探していると、山鳥原公園につきました。
併設の資料館で雨宿り。

あと、この公園のスタッフブログにも掲載してもらいました。

http://ameblo.jp/yamadori-mikuni/archive1-201007.html

登り道が、下りにかわり
惰力を利用して進んでいくと、苗場に到着。

寒さと雨、オフシーズンのため、活気がない。。

しばらく歩くと三国トンネルですがその手前で、
なーんかやたら、道にウ○コが落ちてるなと思ってたら前方の木がゆっさゆっさ揺れてます。

野生の猿でした。
怖かったので目を合わさないようにして猿地帯を脱出。

三国トンネルを抜けて、しばらくすると、下り道。
というか、このトンネルで長かった新潟県が終了です。

最後の20キロが凄く疲れます。
なんとか、沼田市のスーパー銭湯にたどり着き、この日の行程が終わりました

6日目

沼田市のスーパー銭湯を深夜に出発して、初の深夜行に出ました。

渋川市に入ると、利根川沿いの17号線をひたすらに走ります。
下りが多く楽な道でした。

沼田でしっかり休めたからか、
膝の調子がよく、
その後、前橋、伊勢崎、熊谷と順調に進むことができました。

熊谷市につくとちょうどスーパー銭湯の開店時間。
じっくり5時間程休憩しました。

熊谷からもサクサク進みます。
鴻巣、桶川、上尾、さいたま。

東京に入ったのは暗くなってからのことでした。

いつもながら最後の20キロはしんどい。
ボロボロで練馬につき、元上司の家に泊めてもらいました。。
そして焼肉まで。。ありがたや!

7日目

朝8時に出発。

環七から甲州街道で八王子方面へ。
高尾山辺りから山道。辛い。
駄目押しで雨。。
目的地の大月についたのは20時すぎ。
結局、旅館には泊まらず、バス待合所のベンチで休憩。

8日目

朝、5時過ぎに大月を出発。

途中、自転車がパンクしてしまった方がいて、修理をお手伝いました。

チューブ交換をしましたが、
自分の自転車ではすんなりできるのに、人の自転車だと何故か難しい。。

その後、修理の御礼にと
富士吉田でうどんをご馳走になりました。

むしろ恐縮してしまいましたが、有り難く頂きました。

富士吉田では、うどんが名物なのですね。コシがあって、美味しかったです。

その後、河口湖を一周して、
宿泊の為にキャンプ場を探しましたが、まだ開いてないか、やってても、一晩場所代4000円とのこと。

それを払う位なら旅館に泊まるなあと思いつつ、更に探していると、疲れが出始め、道の駅にたどり着きましたので、
この日は道の駅で休憩しました。

本日が9日目になりますが、
5時前に起床すると、
左ふくらはぎに痛みが。。
両足とも筋肉がパンパンになっていたので、
一時間以上かけて入念にストレッチしました。

今日の夜中に自転車でスバルラインを通って、富士山五合目を目指す予定です。

次の記事: チャリンコでいく秋田⇒富士山の旅9・10日目

本日(7/17)自転車旅行の最終目的、富士山スバルラインにアタックしました。 登る途中は真夜中なのでとても涼しかったのですが、 自転車を漕いでいると暑くなったので、ズボンのスネから下を取り外し...続きを読む

前の記事: チャリンコで行く秋田⇒富士山の旅3・4日目

自転車でいく秋田⇒富士山の旅3・4日目です。 3日目は新潟県に済む知人に会いに行きました。特筆する事もないんですが、しいて言えば八号線のアップダウンの多さでしょうか。 その知人の地元から、...続きを読む

,,