enchant.jsでFlappy Bird風ゲームを作ってみた

2015.04.15

enchant.jsというのはJavascriptというプログラミング言語をベースとした、ゲームを作るための基本的なプログラムのことです。

Flappy Birdってか、おっさんな方々にはバルーンファイトって言ったほうが通じるかも。。

(イメージ図)

20150415080425

http://matazo.net/g1/ こちらで

ボタンか、← → ↑ キーで操作できます。

もっと工夫しろよってところですがね。

とくに、操作についてはすぐに慣れると思いますが、早々飽きが来るはずなので、そこでなにか仕掛けを作りたいものです。

 

しかし・・小学生の時の文集で将来はゲームデザイナーになりたいとか書いた記憶があるんですが、まだまだ道のりは遠いようです(^^;

ゲームを作り始めるまえは、こうしたら、ああしたら面白いとか思いますが、作ってみると「これって面白いの」という自問があるわけです。

この手のカジュアルゲームは

  • 見た瞬間理解するUI
  • 目的がシンプル
  • 適度な難易度・障害

このあたりが大切なのかなと思いました。

フラッピーバードなんて、クリックするだけですが、シビアでシビれる感じが刺激になってそれをクリアするのが快感・満足になってるのかな。

そういえばむかーし、電流イライラ棒なんてのが流行りました。

その点、クッキークリッカーなんてひたすらクリックするだけ。

クリックすると操作オプションが増えますが、それが操作の見返りとして対価を得る形になっていて快感・満足につながって、中毒性を産んでるのかなーと思いました。

(ボタンを押すとエサが出てくる仕組みを理解したチンパンジーみたいですが・・)

操作→反応→満足→次の操作への動機

このサイクルをうまく作りたいですね

次の記事: enchant.jsを案件に使うためのひと工夫をいくつか

一ヶ月ほど、すっごく忙しかったです!   最近、サイトにちょい足しでアニメーションをつけることが多いです。 以前ならFlashでやってたでしょうが、最近じゃモバイルファース...続きを読む

前の記事: トラックボール M570tの代替品を求めて M-XT1DRBK買ってみた

[adsense] ロジクールのm570は使い勝手の良いトラックボールで愛用しているのですが、生産が終わっており、現在は改良版のm570tが販売されています。 ただ、m570tは前モデルと...続きを読む