簡単に一眼レフカメラ風の写真が取れるiPhoneアプリ:myFilm

2010.08.24

久しぶりのiPhoneアプリのレビューです。

掲題の通り、一眼レフカメラ風の写真が取れるiPhoneアプリmyFilmを買ってみて、値段の割に結構使えて(¥115でした)、気に入ったのでご紹介したいと思います。

一眼レフ風というように、iPhoneで撮影した写真を一眼レフカメラで撮影したかのように加工してくれるアプリです。

myFilmをiTunes App Storeで見る

あらかじめ設定しておけば、ある程度サクサク撮影できるので、難しいことはありません。

IMG_0796

上から、輝度、コントラスト、vignetting、blurの設定です。すべて組み合わせて加工できますので、様々な設定が楽しめます。

 

vignetting

vignettingを設定すると、写真の中心から周囲が暗くなります。LOWとHIGHで暗さを調節できます。

左からOFF、LOW、HIGH

IMG_0818 IMG_0816 IMG_0817

 

blur

blurを設定すると、フォーカスがあたってない部分がぼやけます。LOWとHIGHで「ぼけ」の強さを調節できます。

左からOFF、LOW、HIGH

IMG_0818  IMG_0822 IMG_0823

IMG_0797

また、blurを設定すると、フォーカスの範囲を設定できるのですが、上図のように、フォーカスなし(全体ぼかし)、小さい円、大きい円などからフォーカスの範囲を選ぶことができます。

その他、写真をセピア風にしたり、冷たくしたり色調を変えるツールが用意されています。

 

撮影は簡単、カメラモードにして、シャッターボタン。撮影成功なら「使用ボタン」。

IMG_0798 IMG_0799

blur設定時にはどこにフォーカスを当てるか、場所をタップして選択。

 IMG_0800 IMG_0820

あとは自動的に画像を加工してくれます。

画像を加工してみたものの、なんとなく加工が気にくわないなあと思っても大丈夫。設定画面で画像加工の設定をしなおして、「Development」ボタンを押せば、加工をやり直して画像を保存してくれます。

あと、写真アルバムから選択して加工することも可能なので、いつもの「カメラ」アプリで撮影した画像を加工することもできます。(元画像を上書きするのではなく、新規で画像を作ってくれます。)

何でもない写真が、それっぽくなるので楽しめます。

myFilmをiTunes App Storeで見る

vignetting(HIGH)

IMG_0774

 

blur(LOW,フォーカス範囲は円形大)

IMG_0775

 

blur(LOW,全体ぼかし)

IMG_0778

 

色調をオレンジにして、blur(LOW,フォーカス範囲は円形大)

IMG_0787

 

色調をブルーにして、blur(LOW,フォーカス範囲は円形大)

IMG_0788

写真を楽しみたいけど、一眼レフは大袈裟かなと思われる人は、是非一度試してみてください。

myFilmをiTunes App Storeで見る

次の記事: アンドロイド端末:なんとかパッドまとめ:Moonse編

  先日、アンドロイド端末:なんとかパッドまとめ:EKEN編の記事を書きましたが、「なんとかパッド」のメーカーはEKENだけではありません。 今回はMoonseというメーカーのな...続きを読む

前の記事: アンドロイド端末:なんとかパッドまとめ:EKEN編

  タブレット端末はiPadではなく、android端末を買おうかなとぼんやり考えている筆者ですが、なかなかandroid搭載の「なんとかpad」が市場に出まわらないので、やきもきして...続きを読む