スティーブン・キングの代表作「ダークタワー」が映画化・TVシリーズ化決定

2010.09.28

驚きましたとも。

スティーヴン・キングの超大作「ダーク・タワー」シリーズが、3本の映画化とテレビシリーズ化が決定!監督にロン・ハワード!

「ダーク・タワー」シリーズは、何もかもが荒廃し、変転している世界を舞台に、「最後のガンスリンガー」と言われるローランドが、この世界の荒廃の原因とされる「暗黒の塔」を目指し旅に出る物語だ。道中、さまざまな人物と巡り会うストーリーになっていて、スティーヴン・キングのライフワークとも称される作品で、彼が1982年から2004年まで手掛けていた作品である。

私も夢中になって読んだ「ダーク・タワー」ですが、この大作を映像で表現しきれるのか、心配です。

ダーク・タワーはスティーブン・キング作品、それぞれのハブになる作品で、上記「道中、さまざまな人物と巡り会う」というのが、キングの他の作品との接点だったりします。つまり、キングの諸作品の世界観の中心にあるのが「ダーク・タワー」であり、「暗黒の塔」の狂いがキング諸作品に表れているともされます。

映像としても、映画「ミスト」では、ダーク・タワーの世界(中間世界)をほのめかす表現として、冒頭にガンスリンガーであるローランドも登場しています。

とまあ、ダーク・タワーの魅力は、キング諸作品によって深められていると思います。

(じゃあダーク・タワーが正伝で、キング諸作品が外伝かというと、それは違う)

ところで監督のロン・ハワードって誰だっけ?って思って調べたら、有名どころで、「アポロ13」、「ビューティフル・マインド」、「シンデレラマン」、「ダ・ヴィンチ・コード」、割と最近では「天使と悪魔」の監督さんでした。

あと、「24 -TWENTY FOUR-」では、プロデューサーも務めたとのこと。

。。なんとなく個人的には、SFの名作を映画化した、「デューン・砂の惑星」の再来な気がしてなりません。。

楽しみではありますけどねっ!

次の記事: デューン/砂の惑星が再映画化

しらなかった。。 先日、スティーブン・キングの代表作である「ダーク・タワー」が映画化されるということで記事を書きましたが スティーブン・キングの代表作「ダークタワー」が映画化・TV...続きを読む

前の記事: THRIVE 肩もみ機 ミニモミ MD-6700 買いました。

タイトルのまんまなんですが、肩もみ機買いました。 筆者はかなりの肩こり持ちで、長時間パソコンで作業していると、右肩がパンパンに腫れてしまい、痛みを伴うくらいです。 で、先日、近所のドンキホーテに...続きを読む